カテゴリ:旅レポート( 59 )

「そうだ江差に行こう!」~北海道日帰り鉄旅レポ2010

旅より無事にもどり、本日より勤務が開始しております(笑)
記録として残している、旅レポです。
今回は時間がないので、写真を中心にレポいたします~

完全自己満足レポですので、お時間がある方はどうぞご覧下さいませ♪

「秋の日帰り旅行」というと聞こえが良いですが、かなりの強行軍です。
何故なら、東京⇔北海道日帰りです(爆)

鉄路でできることを証明できて嬉しいです(完全自己満足ですが・・・)

旅立ちは日曜の早朝
東京駅発 6時56分 東北新幹線はやて1号
c0101739_21553052.jpg
c0101739_21554083.jpg
さすが新幹線!!大宮を出ると仙台までノンストップ その後も順調に北上
八戸駅着 10時03分
c0101739_2203862.jpg

八戸より青函連絡特急「スーパー白鳥1号」に乗り継ぎ
八戸駅発 10時15分
c0101739_2222881.jpg
c0101739_2223972.jpg

中継点青森駅に定刻到着!
ここから進行方向が変わり、いよいよ青函トンネルに入ります。
c0101739_2241733.jpg
c0101739_2242654.jpg
青函トンネルをぬける特急ということでトンネルについての案内版があります。
通過時間なども明記されており、これは便利ですね~
c0101739_2254889.jpg
海峡線に入り海も見えてまいりました~
c0101739_2272069.jpg
いよいよ青函トンネル突入!!
c0101739_2282483.jpg
しかし、真っ暗です(笑)
当たり前ですが本当に海峡の下を通過するのか信じられないですね。
c0101739_22111988.jpg
トンネル内の駅竜飛海底駅通過!
真っ暗です(笑)

そして列車はついに最深部、海底よりさらに100メートル深い地点を通過!!
c0101739_22124321.jpg
もちろん真っ暗です(笑)
う~ん、、、写真ではこの感動は伝わらないです(涙)

海底を通っているとは思えない、素晴らしい施工技術!!
日本人の叡智を身をもって体験いたしました!

スピードを上げた特急はトンネルの走行を25分ほど終えて地上へ!!
c0101739_22165431.jpg
北海道に入りました!!深い緑が眩しいですね。
特急は順調に走り、定刻通り道内はじめの停車駅
木古内駅 12時30分到着
c0101739_22191252.jpg
c0101739_22192076.jpg
ここから目的の江差方面への接続になります。
江差行きの列車が15時01分なので、しばらくの間駅前散策でございます。
c0101739_22222777.jpg
c0101739_22223657.jpg
まずは、駅前で腹ごしらえ(笑)
c0101739_22244635.jpg
c0101739_22245575.jpg
これもお目当てであった名物「急行食堂」のやきそば です
いや~本当に素朴な味ですが、手づくり感があり美味しかったですね~
うす味ですが具の旨みがたっぷりと出ている印象でペロッと完食(笑)
ご馳走様でした~

時間もあるので少し散歩に出かけましょう。
立地はこんな感じですね。
c0101739_22292671.jpg
駅前の観光案内に従いまして海に出てみます。
c0101739_22305666.jpg
c0101739_2231571.jpg
目の前に広がる雄大な津軽海峡
誰もいません・・・(汗) 穏やかでしたが海に吸い込まれそうな迫力がありましたね!
c0101739_22331713.jpg
c0101739_22332769.jpg
c0101739_22333784.jpg
海沿いの道も真っ直ぐで車もほとんど通りません(汗)
通ってもすごい高速で駆け抜けていきます(笑)
さすが「北海道」!!
さて、散策して時間もよくなりましたので、木古内駅に戻り江差線に乗ります。
c0101739_22405121.jpg
木古内駅発 15時01分 江差線普通列車
c0101739_22581979.jpg
単行ディーゼルカーが渋すぎます。
キハ40はグォングォン・・・・と唸りながら発車!!

涼しい北海道とはいっても、No冷房車両です(汗)
なぜか栃木のレモン牛乳アイスを堪能しながら車窓を楽しみました~
c0101739_23118100.jpg
先を急がない、優雅な気動車の走りは最高で、ゆっくりと流れる緑の景色が慌しい毎日を忘れさせてくれます。
新幹線では味わえないローカル線鉄旅の醍醐味の一つですね~

列車はゆっくりと単線を進み定刻とおり終点江差駅に到着
江差駅着 16時08分
c0101739_236615.jpg
c0101739_236141.jpg
c0101739_2383064.jpg
終着駅の雰囲気を醸し出すホームの様子にうっとりです。。。
この何とも寂しい感じが心に浸みました、、、駅前にでて駅舎を記念撮影!
c0101739_23105814.jpg
お~1曲書けそうな雰囲気です(爆)
港町江差、海風が身体に心地よいです。。

コーヒーでも飲みながらゆっくりと・・・といきたいところですが帰りの列車がすぐに発車です(汗)
江差駅発 16時16分 江差線普通列車
c0101739_2314493.jpg
わずか8分の滞在でした~

木古内駅着 17時22分
木古内駅発 17時28分 特急白鳥32号
c0101739_23203224.jpg
八戸駅着 19時49分
八戸駅発 20時00分 東北新幹線はやて32号
c0101739_23215851.jpg
c0101739_2322791.jpg
帰路も順調に乗り継ぎまして、新幹線車内で八戸駅弁を堪能!!
うまかったっす!!
c0101739_23234660.jpg
東京駅着 23時08分

そして中央線に乗り換え最寄り駅へ・・・
自宅着 0時10分(笑)

日付は跨ぎましたが無事に日帰りできました!

この前の鹿児島に続き超超強行スケジュールでしたが何とか達成!
今回は全て鉄路を貫いたことに意義がありますね~

もちろんお勧めはしませんが、勇者は挑戦してください(笑)
しばらく旅はお預けになりますが、脳内計画は進めていきましょう。

次回は香川?富山?楽しみでございます。
by kokubu-takumi-5 | 2010-09-13 23:32 | 旅レポート | Comments(0)

イタリア演奏旅行総括

◆イタリア演奏旅行総括

旅行レポートが揃いましたので、まだご覧になっていない方はどうぞ…
自分のレポは完全自己満足なので予めご了承くださいませ~(笑)

★乗り物編
http://takumi5.exblog.jp/14916934/

★観光編
http://takumi5.exblog.jp/14928517/

★ライブ編
http://takumi5.exblog.jp/14940209/

★ステージ写真
http://takumi5.exblog.jp/15311980/

★ライブレポ「プログレ今昔物語」
http://suz641.blog116.fc2.com/blog-entry-25.html


★追加情報です♪
バンドのブログでも紹介されていますが、トリエステのフェスの模様が現地の新聞記事に掲載されたみたいです。
ローマ在住の日本の方より情報提供いただきました!
c0101739_20492890.jpg

もちろんSteve Hackett Bandの記事が中心ですが、キクラの名前も紹介されています。
光栄ですね♪ 情報提供ありがとうございました!
by kokubu-takumi-5 | 2010-09-10 20:52 | 旅レポート | Comments(0)

イタリア演奏旅行記「ライブ編」

遅くなりました。。。ライブ編でございます♪

まずは自分の機材についてです。
海外ということでできる限り身軽に移動したいです。
しかも最近は預け荷物や持込荷物のセキュリティが厳しくなり制限が多い。
特にベースはネックが長いので苦慮しましたね。
c0101739_20565987.jpg
当初は海外用に安価なベースを購入していましたが、やはり自分の納得いくプレイのためには慣れている楽器に越した事はありません。
ということで、以前にメインで使用していたSR3005Eに急遽変更。
画像のように分解して、無事に損傷なく運搬成功!

アンプは現地で用意してくれたアンペグのヘッドとキャビ
内蔵プリアンプで音作りしてDIで出力しました。

足元はヨーロッパ用の変圧器を購入し、日本で使用しているCAJのパワーサプライで電源供給。
エフェクトもシンプルにコーラスとディレイのみで臨みました。

続いてライブ会場の様子です。
c0101739_2185196.jpg
ご覧のように伝統ある建築物に囲まれた雰囲気のある野外ステージです。
現地入りしたときには、すでにステージは組まれていました。
さらに照明とPA関係が強力になるとの説明がフェス代表者よりあり、非常にモチベーションが高まりました。


2010年7月30日(金)フェス初日
まずはフェスの主催者代表のあいさつからスタート♪
c0101739_21141632.jpg
丁度日没とともにフェスが開幕しご覧のようにライトアップされて素敵です。

初日は肌寒いくらいの気候でしたが、アナウンスが始まるとたくさんのお客さんが集まってきました。
オランダを代表する大御所プログレバンド「フォーカス」登場!!
c0101739_21154430.jpg
リーダーのテイス氏を中心に圧巻のアンサンブルを披露してくれました。
演奏が始まると、さらにお客さんも増え前列にも立ち見で溢れかえりました。
最後はアンコール、スタンディングオベーションで終演

モチベーション高まるステージングでキクラメンバーも全員気が引き締まりました。
ライブに向けた緊急ミーティングも開催しセットチェンジも行いました。


2010年7月31日(土) フェス2日目
コンテストで優勝した地元バンドがオープニングアクトで登場
アコースティックサウンドが心地よい若々しいサウンドで野外ステージにマッチしていました。
今後が楽しみな若手バンドでした。
c0101739_2117559.jpg
そして、メインはマザーズ・オブ・インベンションのメンバーを含むザッパトリビュート!
これまた、すごいステージで、あのザッパ複雑な楽曲を緊張感あるスリリングなアンサンブルで演奏。
きわどいプレイやアクションも随所に味付けされていて、エンターテイメント性がありましたね。
こちらも刺激になりましたです・・・


2010年8月1日(日) フェス3日目
いよいよこの日がやってきました。
天候は朝から晴れで気持ちよい日和でした。

私は早めに起床し、まずは機材の最終チェックです。
プロモーターの方にスケジュールを確認すると、メインのスティーブ・ハケット氏のバンドが当日現地入り
サウンドチェック後に我われキクラのリハという流れとの事でした。

空き時間を利用してキクラメンバーで中華料理屋さんで最終ミーティング
会場周辺では即売会なども開催されていました。
c0101739_21202188.jpg
夕方になりスティーブ・ハケット氏率いるバンドが現地入り!!
サウンドチェックがスタート♪
c0101739_21211350.jpg
本物のハケットですよ~~(感激&汗)

大好きなニック・ベックスがベースを弾いているよ~(後でサインもらおう・・・)

サウンドチェックからバンドのオーラはすごかったです。
ギャラリーもすでに多く集まっていて注目度が非常に高いことが分かりました。

そして、キクラのサウンドチェック♪
ハケット氏のスタッフより「ハケット氏の機材に注意してね」とのこと。
そうなのです。ハケット氏の立ち位置でベース弾くのです(汗)

ハケット氏のエフェクターとアンプに囲まれて幸せです~(笑)

浮かれている場合ではありません。。。肝心のサウンドチェックです。
フェスのスタッフの方の動きもスムーズで、本当にやりやすかったです。
またサウンドエンジニアとも英語で会話ができたのでモニター環境も自分の欲しいところが伝わって良かったよかった~

そして本番!
c0101739_21374559.jpg
最初から本当に多くの方々に集まっていただきました。
すでに5000人くらいいたかもしれません(汗)

演奏中は勿論、写真撮れないのでありませんが、最高の気分で演奏できました!
私達を暖かく迎え入れてくれ、拍手も嬉しかったです。
演奏が進むにつれどんどんお客さんも集まってくれました。
ありがとうございました!

セットリストはこちら
1.Changing dance
2.Strings of tension
3.Bass solo~砂漠化(Desertification)
4.漆黒の空より(The thing from black sky)
5.アルカロイド(ALKALOID)
6.Flute solo~Close to me
7.Frozen Wave


ライブの画像などは手元に入りましたらこちらでもアップしたいと思います。

そしてメインのスティーブ・ハケットバンドのステージはもう圧巻です
全員の音の存在感がすさまじく、叙情的、叙景的な世界観が観衆を魅了していました。
c0101739_21444083.jpg
c0101739_21452724.jpg
c0101739_21454652.jpg
私も、関係者ステージパスをフル活用して(笑)サイドステージから堪能。。。
自分達の演奏の余韻に浸りながら、最高の音楽が目の前に迫る最高のひと時でした。

終了後キクラは物販で大忙し
c0101739_21472346.jpg
CDに多くの方が興味を持っていただき、たくさん購入いただきました。

私も恐らく30年分くらいのサインをしたと思います。
日本語のサインが喜ばれました。
購入いただいた皆様ありがとうございました!

その後はミーハーコーナーです(爆)
まずは大好きなベーシストのニック・ベックスに接近!!
c0101739_21481790.jpg
あいさつすると笑顔で答えてくださいました(かっちょえ~)
日本から持ってきたKajagoogooのCDを見せサインをお願いすると。。。
爆笑されましたが快くしていただけました~
握手もしていただき感激です。。。

そしたら今度はプロモーターの方の取り計らいで楽屋にも潜入!!
何とフォーカスのテイス氏とハケット氏にもキクラを紹介していただきました。
お二方とも、紳士的に優しく対応してくださり感激感激~~
c0101739_21491144.jpg
c0101739_21493696.jpg
写真も快諾してくださり、夢のようなショットも!! 家宝です。

サインはこちらです
c0101739_2150560.jpg
こちらも家宝にいたします!

今回のイタリアフェス参戦は本当に信じられない出来事の連続でした。
夢のような時間を過ごす事ができました。

ダヴィデ氏、サミュエル氏をはじめとしたフェス関係スタッフの皆様、
観ていただいた多くの皆様、共演させていただいた方々、キクラメンバー、
そしてキクラをプッシュしていただいたプロモーターの増田さん。
本当にお世話になりました。

ありがとうございました。Thank you!! Grazie!!

今度は10月にトリエステのバンドを迎えてのライブが東京であります。
こちらも盛り上げていきたいですね♪
by kokubu-takumi-5 | 2010-08-12 22:07 | 旅レポート | Comments(0)

イタリア演奏旅行記「観光編」

お待たせしました(待っていないと思いますが・・・)

イタリア観光編です

普段あまり観光地に行く事がないので、本当に久しぶりの観光でした。
「観光編」では主にミラノと滞在したトリエステの様子をお送りします!

成田よりモスクワ経由で夜にミラノ到着。
時差もあり長丁場で、ヘトヘトでホテルチェックイン
c0101739_19241968.jpg
c0101739_1925057.jpg
画像はそのホテルの前の通りの様子です。
ミラノ中央駅の近くのホテルです。この街並みだけでも絵になるところがさすがです。
映画のシーンに出てきそうで、思わず写真を撮ってしまいました。
中心地にもかかわらず、夜はとても閑散としていたのが印象的でした。。。

翌日は観光&移動日
午前中より地下鉄で市内観光です。
まずはサンタマリア・デッレ・グラツィエ教会へGo
c0101739_19263054.jpg
c0101739_19264151.jpg
ここはダヴィンチの最後の晩餐がある教会です。
事前に予約をしていなかったので直接うかがいました・・・

結果は2週間待ちとのこと(涙)
記念に外の案内板をパチリ

教会の中は入る事ができたので行ってきました。
c0101739_19281145.jpg
c0101739_19282285.jpg
ご覧のように歴史を感じさせる作品の数々に圧倒されます。
すごくパワーのある空間でした。

続きましてメトロを使用しドゥオーモ
c0101739_1930155.jpg
こちらもすごい建築です~~~
中にも入ることができましたが、足がすくむほどのパワーが溢れておりました。

隣接するアーケードに入り、お腹も空いてきたのでランチです。
c0101739_1933152.jpg
c0101739_19334196.jpg
c0101739_1934795.jpg
こちらも歴史あるアーケードで様々なお店が立ち並んでいます。
カフェのイケメン店員さんが私達が日本人と分かったのか
「ハイ!! ど~も、ドゥオーモ~」というご機嫌なギャグをかましてくれました。

日本人が言ったら周りが凍てつくはずです(笑)
しかしそこは雰囲気で笑いに変えてしまうところはさすがイタリア!!

この店員さんのお店に入店
c0101739_1936271.jpg
本格イタリアンはやはり味の重みがあるな~と感じました。
量ももちろん多いのですが、パスタやチーズなどの素材がしっかりとして存在感を持っていましたね~
ご馳走様でした!

アーケードを抜けるとスカラ座のある広場に出ます。
c0101739_19374878.jpg
ミラノは、普通に町を歩いていても雰囲気のある建物ばかりで目が奪われます。
日本人が多いかな?と思っていましたが、ほとんどいなかったですね。
最終日にもまた訪れる予定です。

ミラノより鉄路でフェス開催地トリエステに入ります
c0101739_1938511.jpg
c0101739_1939220.jpg
画像はトリエステのホテルとライブ会場です。

ホテルは会場のある統一広場に面した立地で格式も高いホテルです!!
会場もご覧のように、雰囲気抜群です。
すでにステージなどは設営されていました。

この日は大雨でしたが、スタッフは全くあわてている様子はありませんでした。
主催代表は「金曜日には晴れるよ」と自信たっぷり(笑)

本当に晴れました、、、恐るべしイタリア

会場周辺の様子です。
c0101739_19403630.jpg
c0101739_19404984.jpg
ご覧のように、アドリア海に接した港町トリエステ
海鳥たちの泣き声がたえず、広場にも海鳥がやってきます。

少し歩くと、歴史ある史跡などもあります。
個人的な印象では海と坂に囲まれた閑静な街という感じです。

日本ではあまりなじみのない都市なので、日本人観光客の方とはお会いしませんでした。

続いてお食事です。
同行していただいたプロモーターの方が予約してくださいました。
c0101739_1944128.jpg
c0101739_19442073.jpg
カツレツそしてシーフード系の料理をいただきました。
その他、リゾットなどもいただき大満足。
海沿いの都市という事で、海の幸が美味しかったですね。

市内散策です。
c0101739_19464778.jpg
c0101739_19465891.jpg
c0101739_19473075.jpg
空気が澄んでいて美しいですね。

東京に比べて北に位置する事もあり低温で湿気も少なめ。。。
日差しは強いですが、日陰に入ってしまえば暑さは感じません。
夜になれば、肌寒さも感じるくらいで、非常に過ごしやすい気候でした。

イタリアの料理は美味しいのですが、やはり私は日本人です(笑)
醤油の味付けやご飯ものも食べたいなり~
ということで、散策で発見した上海料理のお店に入店!
c0101739_19491529.jpg
c0101739_19494339.jpg
落ち着きますね~(笑)
この店には、キクラのメンバーともあわせて2回お世話になりました!
やはりキクラといったら中華料理ですよね(爆)

トリエステの夕日をどうぞ
c0101739_19505916.jpg
c0101739_19511051.jpg
水平線に落ちる夕日は最高でした。
上の画像はフェスの会場があるところより海に向っている桟橋より。
下の画像は桟橋から、フェス会場の統一広場を望みます。

確か撮影中はザッパのサウンドチェック中だったと思います。
アドリア海に沈む夕日、プログレサウンド、そこに自分がいる…
現実なのか信じられなかった瞬間でした。。。

トリエステでは本当にゆっくりできました。
色々お世話になりました現地スタッフの皆様ありがとうございました!
Grazie!!

ミラノへ戻りキクラ打ち上げでございます。
c0101739_19525187.jpg
イタリア最後の晩餐はパエリア&ビール!
キクラメンバーとフェスが無事に終わった事を祝し乾杯~

今回の遠征では時間もゆっくりあり様々な観光をさせていただきました。
特にトリエステでは日中は毎日オフだったので散策もでき最高でしたね。

美味しい料理もてんこ盛で大満足でしたが、やはり毎日はキツイかも…
帰国して真っ先にスーパーに向い冷奴&ごぼうサラダを購入したのは言うまでもありません(笑)

観光編は以上です。
お読みいただきありがとうございます。

次回はいよいよメインの「ライブ編」です。
お楽しみに~♪
by kokubu-takumi-5 | 2010-08-10 20:17 | 旅レポート | Comments(0)

イタリア演奏旅行記「乗り物編」

時差ボケを感じる暇なく怒涛バタバタ勤務の毎日(汗)
体調は良好でございます。

さて放置しておりました「キクラ・イタリアフェス演奏旅行レポ」
やっとこ写真の整理などもできました。
時系列にレポしてしまうとまとまりが付かないのでカテゴリごとに整理しようと思います。
①乗り物編
②観光編
③ライブ編


ではまずは「乗り物編」でございます。

旅立ちは京成スカイライナーから~
営業運転を開始したばかりのスカイライナーに初乗車!
c0101739_203089.jpg
平日だったので空いておりゆったり空間でした。
天井も高く大きな荷物も無理なく運搬できました。
日暮里から乗車し途中北総線の北国分駅を通過(笑)
あっという間に成田空港に到着した印象です。

成田空港からアエロフロートロシア航空で出国です。
直行便が満席であったためモスクワ経由になります~
c0101739_2035576.jpg
テイクオフ!
c0101739_2044586.jpg
ユーラシア大陸の上空を大移動
ダイナミックな光景が眼下にひろがります。
機内食2回、ロシアのCAさんも思ったよりも!?優しく満足のフライトでした。

約10時間ほどでモスクワ上空へ入り
滑走路に無事に着陸すると、乗客より大拍手が(笑)
これがロシア航空名物ですね~感動しました。
c0101739_2054358.jpg
c0101739_2055326.jpg
ここでトランジットです。
このトランジットが堪えました~~
c0101739_206489.jpg
ご覧のように乗り換え客で長蛇の列(汗)
これを一人の受付職員で淡々とさばいているのだからすごい。
さすがロシア

何とか時間内に手続き完了。。。
ホッとしていると、何故か荷物チェックが3回もありました。
さすがロシア

この日はモスクワ記録的猛暑
しかしターミナルに空調が効いてない・・・というか設備がない!!
恐るべしロシア

続いてモスクワよりイタリアはミラノに向います。
アリタリア航空に乗船 テイクオフ!
c0101739_2073024.jpg
c0101739_207391.jpg
機内食はイタリアン!?
さすが、ワインは何も言わなくても無料で付いてきます。
勿論いただきました~

CAさんはジローラモ氏のようなダンデーな男性(笑)
明るい対応でよかったです グラッチェ!

約5時間ほどでミラノ空港に到着!
スムーズなフライトでございました。
c0101739_2091216.jpg
心配だった機材などの荷物も無事にイタリアに到着!
夜遅くの到着でそのままミラノ市内のホテルに直行~


次の日はいよいよミラノ観光と移動日です。
c0101739_20101342.jpg
c0101739_20102424.jpg
ミラノ市内はバス、路面電車、地下鉄と交通網はとても発達していました。
なかでもこの地下鉄は市内のいたる所に駅があり、3つの路線がフルカバーしています。
色分けされた路線図で、初めての私でもすぐにシステムが分かりました。

運転は非常に荒いですが(笑)約5分間隔で運転されていて非常に便利です。
料金も一日フリーパスが3€と良心的です。
ホテルのあるミラノ中央駅よりドゥオーモやショッピングモールを周るのに使用

観光も一段落しいよいよ楽しみのミラノ中央駅でございます!
子供の頃に図鑑で素敵な駅だな~と漠然と思っていたところです。
まずはその入り口がすごい!!
c0101739_20113737.jpg
大きすぎます!中に入ると・・
c0101739_2012315.jpg
c0101739_20124252.jpg
これが駅ですからね~ ダーマの神殿みたいです。

思わず転職したくなります(笑)

そしてホームへ…
c0101739_20135520.jpg
c0101739_201454.jpg
c0101739_20141572.jpg
最高の一言! たくさんの長距離列車が発着
ターミナル駅の模範のような雰囲気でした。
客車も多く、ターミナル色を一層強めてくれます。
大満足でございます。

そして、ミラノ駅よりフェスの開催されるトリエステという都市に向います。
c0101739_20158100.jpg
イタリアの新幹線ユーロスターシティに乗ってトリエステまで約5時間です。
車窓からは長閑な酪農地帯を望みます。。

ヴェローナ、ベネチアを経由して無事にイタリア北東部スロベニア国境に位置するトリエステに到着。
辺りは真っ暗になっていました。
c0101739_20154084.jpg
c0101739_20155068.jpg
フェス関係の方に迎えに来ていただき、食事をご馳走になりましてホテルへ。
大満足な鉄Dayでした。


トリエステの乗り物です。
トリエステもミラノと同じくバス、路面電車が発達しております。
地下鉄はなかったですが、バスが大部分を網羅している様子です。
c0101739_2016565.jpg
もちろん、鉄道関連も情報収集
ホテルより歩いて港の貨物駅
c0101739_20171670.jpg
物流の重要な拠点になっていることを象徴するように多数の貨物が配置されていました。
こんなところには観光客は勿論、地元の人も来ていなかったのでかなり不審者だったと思います(笑)

そしてトリエステ中央駅
c0101739_2018059.jpg
c0101739_20181042.jpg
ミラノ中央駅には及びませんが、重厚な駅舎
そしてターミナル駅を思わせるホーム、客車の発着も多かったです。
また国境近くということで、国境を跨ぐ国際特急も多かったのが印象的でした。


フェスが終了しまして、ミラノへ戻ります。
c0101739_20192181.jpg
フェスの余韻に浸りながらトリエステを発ちます。
フェスの関係の方に見送っていただきました~

楽しかった旅行も帰路でございます。。。
ミラノ空港より、またまたモスクワを目指します。
c0101739_20193775.jpg
モスクワのトランジットはスムーズでした。
帰りは新しいターミナルだったので空調も効いていて涼しい~
恐るべしロシア

成田へ向けテイクオフ!
c0101739_20195463.jpg
フェスも無事に終了しホッとしていたため帰りの飛行機は熟睡でした(笑)
定刻通り飛行機は成田空港に着陸!!

万事完了!
と思いましたが、最後に私の機材が入ったスーツケースがない(汗)
確認するとモスクワで乗り換えに失敗した様子。。。おいおい~
※翌日無事に自宅に届きました

最後の最後でハプニングがありましたが概ね順調な行程でしたね。
最後の楽しみは新型成田エクスプレス乗車です。
c0101739_20201261.jpg
E259系はスカイライナーに勝るとも劣らない居住性とスピードですね。
料金は京成のほうに軍配が上がりますが、横浜、池袋、中央線などにも直通しているのでアクセスは成田エクスプレスの方が良いかも?

乗り物編だけでもこんなにてんこ盛になってしまいました(爆)
次回は(いつになるか分かりませんが…)観光編をアップ予定です。


自己満足レポを読んでいただきありがとうございました~
by kokubu-takumi-5 | 2010-08-08 20:37 | 旅レポート | Comments(0)

大阪遠征無事完了!

東京へ戻ってまいりました~
土曜日のElastic Tone心斎橋でのライブは無事に完了!
共演者、関係者、スタッフの皆様、ありがとうございました、
c0101739_20303232.jpg
急遽の??演目などもあり、冷汗もありましたが(笑)
終始楽しく演奏することができました♪
愛器の調子も絶好で音響もやりやすかったです。

このユニットでは9月にまたまた大阪でライブです。
ドラマーの「たまりゃん」のイベントということで、どんな演目が飛び出すか楽しみです。。

さて、遠征のお約束といえば。。。。鉄です(爆)
今回は新幹線往復、オフ有りということでゆったり楽しめました。
昨日は、近鉄で奈良へGo

そして本日は午前中は、道頓堀界隈を散策!
日曜ということで、たくさんの人で賑わっていました。
c0101739_20373849.jpg
たこ焼きなどを堪能いたしました。。。
美味しかったどす!

そして、またまた近鉄大阪線に乗ってお目当ての某駅へ
c0101739_20412792.jpg
画像は上本町駅の様子
伝統的な近鉄特急と普通列車のそろい踏み!!
いい色してます(笑)

さっそくお目当ての河内国分行きの普通列車がお出迎え
c0101739_20471099.jpg
c0101739_20483924.jpg
普通列車では時間がかかってしまうので、急行で河内国分駅到達!!
c0101739_2054579.jpg
c0101739_2055398.jpg
ご覧のように高い位置に改札、コンコースがあります。
急行も停車する路線では大きな駅ですが、山々に囲まれていて雰囲気が良いですね。
地元の方ばかりなので、カメラを構えてうろついている国分巧はかなり不審者??
駅周辺のスーパー、国分専門店街などもあり「国分づくし」で大満足(笑)
c0101739_2155333.jpg
駅票なども画像に収め目標達成!! 
ということで駅中ライフにあるレトロな洋食屋さんでオムライスをいただきました~
昔懐かしい味付けで国分巧は大満足!!
c0101739_2111669.jpg
正にジョイフル国分でした(笑)

国分関係駅到達計画も河内国分達成により、残り3駅です。
越中国分(富山)
豊後国分(大分)
国分(香川)
さて、次はどの駅にいこうかな~~

明日からは変則の怒涛の連続勤務が開始となります(汗)
気合を入れて頑張ります!
by kokubu-takumi-5 | 2010-07-11 21:20 | 旅レポート | Comments(0)

旅レポまとめ(2007年1月~2010年6月)

仕事や音楽活動の合間で自己満足で行っている鉄道関係旅行
国分の行程は観光地を巡る事はほとんどなし…
日帰り、ネットカフェ利用も当たり前(汗)
という感じの強行軍が中心ですが、意外なことに多方面から反響がありビックリです。

最近では「新幹線乗りまくり」というワードでググると・・・
鉄道関係のホームページを差し置いてトップにこのブログが表示されます(爆)

整理も含めて、ブログで報告したものを抜粋で報告です(笑)
気になる旅がありましたら、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね~

2007年1月15日掲載
「信越~飯山線 豪雪駅で途中下車して熱々お蕎麦堪能旅行レポ」
http://takumi5.exblog.jp/9763174
当時の御用達の夜行快速ムーンライトえちご使用による18きっぷの旅路
夜明けの越後線の走破、豪雪の飯山線も十分に堪能できました
帰路が鈍行できつかった~~~
c0101739_21565019.jpg
旅での一枚はこれ「飯山線、森宮野原駅にて途中下車 線路見えない…」

2007年3月26日掲載
「米坂線に乗って、米沢牛堪能旅行レポ」
http://takumi5.exblog.jp/9763912
またまたMLえちご使用による18きっぷ旅行
坂町での夜明け、そして米坂線走破、米沢牛堪能と美味しい行程
帰りには宇都宮で途中下車して餃子もちゃっかりと(笑)
c0101739_2204414.jpg
旅での一枚はこれ「坂町駅の米坂線時刻表、一日6本!ローカルっすね~」

2007年4月8日掲載
「デゴイチで行く 奥利根(水上)温泉小旅行レポ」
http://takumi5.exblog.jp/9764904
D51に乗って水上往復、日帰り行程
水上ではデゴイチの整備の模様も堪能、そして待ち時間には水上温泉入湯~
春風が気持ちよかった小旅行でしたね
c0101739_224082.jpg
旅での一枚はこれ「デゴイチに牽引され谷川岳へ 12系は窓が開くのです」

2007年9月20日掲載
「車で巡る秘境路線、奥会津旅行レポ」
http://takumi5.exblog.jp/7013416
珍しく車移動により、秘境路線「只見線」に沿って国道を進みました。
田子倉駅、田子倉湖へ立ち寄りマイペースに山道を堪能
連続運転、日帰りながら美しい景色の連続に癒されましたね
c0101739_2225378.jpg
旅での一枚はこれ「立ち寄った田子倉湖畔の休憩所にて 吸い込まれそうな湖面です」

2007年12月21日掲載
「上越線 越後湯沢日帰り旅行レポ」
http://takumi5.exblog.jp/7783054
在来線特急で上越線に入り、秘境路線で豪雪の越後湯沢入りです。
勿論、湯沢温泉に入湯、美味しいものをいただき日帰り~
プチ旅行ですが気分リフレッシュでしたね
c0101739_2252396.jpg
旅での一枚はこれ「トンネルを抜けると… まさにそのような光景が体験できます」

2008年3月7日掲載
「土日きっぷでエリア内ぐるり、鳴子温泉も堪能旅行レポ」
http://takumi5.exblog.jp/8391563
急行能登と急行きたぐにを乗り継ぐという夢の鉄路!!
羽越本線で坂田へ、山越え新庄で湯けむりライン陸羽東線で鳴子温泉下車
帰りは東北新幹線で爆睡でした 気持ちよかった
c0101739_226437.jpg
旅での一枚はこれ「残雪の鳴子温泉駅 この温泉はまたゆっくり行きたいですね」

2008年7月27日掲載
「磐越西線SLシゴナナ堪能旅行レポ」
http://takumi5.exblog.jp/9311881
在来線で郡山へ入り、磐越西線のSLでゆっくり会津若松へ
SLの汽笛を聞きながらの駅弁堪能は最高のひと時
夏の日差しを浴びながらの、日常を忘れるゆったり行程です
c0101739_2283021.jpg
旅での一枚はこれ「長閑な平原、透き通る夏空にSLのけむり、何とも贅沢な車窓」

2008年8月29日掲載
「山梨、静岡小旅行レポ」
http://takumi5.exblog.jp/9580904
中央線の始発で甲府へ、甲府から身延線に乗車、途中下車してウォーキング
帰路では豪雨になり、無人駅で立ち往生、、、
警察からの援助物資も経験し日帰り断念(汗)印象に残る旅行でした。
c0101739_22915.jpg
旅での一枚はこれ「豪雨で立ち往生した根府川駅 神奈川県警から支給された援助物資(汗)」

2009年9月4日掲載
「鈍行で行く 篠ノ井線小旅行レポート」
http://takumi5.exblog.jp/12264247
中央線長距離鈍行を使用し岡谷へ 篠ノ井線を初体験
途中、絶景といわれる姨捨駅にて途中下車し散歩&信州そば堪能
18きっぷ日帰りながらも、無理ない行程でお勧めです。
c0101739_2293516.jpg
旅での一枚はこれ「姨捨駅散策、絵画のような眼下の街並みをバックに篠ノ井線が長閑に走りすぎます」

2009年10月5日掲載
「モグラ駅探索、秋の澄んだ空気でリフレッシュ、山の幸もいただきますツアーレポ」
http://takumi5.exblog.jp/12535599
関越自動車道で上越線は土合駅訪問
土合駅名物「地獄の階段」を体験
大自然に立ち向かい鉄路を通した、人間の力強さを感じる旅でした。
c0101739_22111637.jpg
旅での一枚はこれ「土合駅のホームへつながる階段 下が見えません…(汗)」

2009年11月23日掲載
「京都保津峡駅にて紅葉補給レポ」
http://takumi5.exblog.jp/13043742
大阪ライブのベースサポートのお仕事、翌日オフだったので京都入り
紅葉も見ごろという事で、嵯峨野線で保津峡駅に行ってきました。
駅のホームが絶景ポイントとなっています。観光客も少ない穴場スポットです。
c0101739_22114611.jpg
旅での一枚はこれ「電車から降りるとそこは絶景ポイント。美しすぎます」

2009年12月22日掲載
「ここはどこ?不思議てんこ盛り「鶴見線」小旅行レポ」
http://takumi5.exblog.jp/13290691
噂の首都圏の秘境路線「鶴見線」へGo
国道駅、海芝浦駅など名物駅を十分に堪能できました。
近場にも探せば色々楽しめる駅が盛りだくさんです
c0101739_22132022.jpg
旅での一枚はこれ「電車から降りると海です。外に出られない駅不思議な海芝浦駅です」

2010年1月19日掲載
「18きっぷで行く飯田線、超秘境駅で途中下車して走破ツアー2010」レポ
http://takumi5.exblog.jp/13526672
秘境駅の代表の一つ小和田駅訪問
夜行バスを駆使し、飯田線走破を成し遂げました。
勿論、途中下車して孤独なひと時も十分に(笑)
c0101739_2214235.jpg
旅での一枚はこれ「小和田駅にある立地標柱 この看板が見たかったのです」

2010年2月8日掲載
「関越自動車で行く極寒新潟「小出駅」探索旅レポ」
http://takumi5.exblog.jp/13686763
新潟日帰り、豪雪の関越自動車道を抜け、雪国の駅「小出駅」を訪問
あの只見線が運休するほどの大豪雪を体験
運休していても、駅での混乱がないのはローカルです。
c0101739_22144387.jpg
旅での一枚はこれ「小出駅のホーム これじゃ運休します。しかし上越線は遅延ありながらも、逞しく走っておりました」

2010年3月15日掲載
「土日きっぷで新幹線乗りまくりツアー2010レポート」
http://takumi5.exblog.jp/13954103
惜別「土日きっぷ」ということで企画した旅行
土日で新幹線にどれだけ乗れるかを試した身体を張った企画でした(笑)
終点に着いたら証拠写真とって東京に戻る事を繰り返し…
鉄の皆様からも反響も大きい企画でした。
c0101739_2216167.jpg
旅での一枚はこれ「スキーヤーの為の駅ガーラ湯沢。滞在25分勿論スキーはしません(爆)」

2010年4月26日掲載
「国分関係駅探索シリーズ①国分寺シリーズ 信濃国分寺駅、国分寺、西国分寺」
http://takumi5.exblog.jp/14254499
勝手に開始しました国分関連駅訪問計画(笑)
全国にある国分寺と付く駅からスタート、一日で3駅制覇
はじめての「しなの鉄道」「碓氷峠バス」
c0101739_22165417.jpg
旅での一枚はこれ「もちろん信濃国分寺駅標 長閑な駅でしたね」

2010年5月24日掲載
「国分関係駅探索シリーズ② 鹿児島日帰り 日豊本線 国分駅」
http://takumi5.exblog.jp/14447641
まさかの鹿児島日帰り
途中豪雨もありましたが無事完了
憧れの日豊本線「国分駅」に到達できました!
c0101739_22193814.jpg
旅での一枚はこれ「念願の国分駅標 駅前も国分という文字だらけで感激しました」

2010年6月20日掲載
「国分関係駅探索シリーズ③ 北総鉄道 北国分駅」
http://takumi5.exblog.jp/14625252
すぐに行けそうで行けなかった千葉は市川市の北国分駅
北総線も初乗車 帰りには、新型スカイライナーと対面できました。
c0101739_22202880.jpg
旅での一枚はこれ「空の玄関を結ぶ路線だけあって青色を基調とした駅標が綺麗でした」



列記してみるとこの3年半で色々なところに行ったことが分かりました~
ほとんどが日帰りか車中泊ですが、どれも印象深いものばかりです。

2010年も早くも半分経過しようとしております。
下半期も、いろんな場所に訪問するぞ!
by kokubu-takumi-5 | 2010-06-22 22:51 | 旅レポート | Comments(2)

鹿児島国分駅訪問、日帰り旅行レポ2010

無事に東京に戻り、本日より通常勤務開始となっております(爆)

さて記録として残しております旅レポ
自己満足ですが写真なども撮ってきましたのでお時間がありましたらご覧下さい。

国分が勝手にはじめている全国の国分関連駅訪問計画。
その中でも一番到達が難しいと思われていた鹿児島県の国分駅
限られた時間の中で訪問することができるかどうか検討していると。。。
もしかしたら日帰り可能??という無茶な考えが思い浮かび具体的に計画すると…
飛行機往復大作戦を発動すれば可能であることを確認そして、実行してしまいました(爆)

旅立ちは日曜早朝の羽田空港
c0101739_20122076.jpg
ご覧のようにまだ空の玄関が開いたばかりの搭乗ゲートの様子。
SNA/ANA共同運航便で宮崎空港へ向います。

この日は大荒れの天気で途中揺れはすごかったですが、定刻通り宮崎空港に着陸!
普段乗りなれない飛行機に感動、実に早い!!
外はすごい雨です(汗)
c0101739_2014494.jpg
当初は日南線で鹿児島の志布志に入り国分へ向うルートを組んでいました。
しかし大雨のため、日豊本線で素直に向かうプランに変更。。。
c0101739_2015734.jpg
c0101739_20154050.jpg
宮崎空港は空港にJRが乗り入れておりアクセスはとても良いです。
連絡列車にちりんで南宮崎へ
c0101739_20165154.jpg
c0101739_20174121.jpg
ここより日豊本線に乗り換え
雨脚がつよくなり、特急が運休になりました(汗)
とりあえず普通列車で都城へ向います。
c0101739_20184992.jpg
c0101739_20201230.jpg
ダイヤは大幅に乱れておりますが何とか、10時過ぎに都城駅へ到着
しかし日豊本線はここから鹿児島方面は大雨のため運転見合わせ
特急は運休(汗)雨脚もおさまる気配がありません。

しばらく、時間があるのでちょっと早いお昼ご飯です
駅の売店で「地鶏弁当」を購入しホームでゆっくり堪能

c0101739_20213394.jpgc0101739_20214497.jpg












美味しかったです。
画像左がお弁当です。右は暇だったので時刻表の前で記念撮影(爆)
c0101739_20234796.jpg
しばらしても運転再開の目処がたたず、時間はありますが今後の行程もあります。
そして、その日のうちに羽田にもどる必要がありますので列車を諦め乗車券、特急券などを払い戻し…

困った時のタクシー作戦発動です(笑)
かなり割り高ですが、機動力抜群で地元の情報を熟知しているタクシーは頼もしい力
払い戻した運賃を勘案しながら、タクシーの運転手さんと料金交渉
何とか定額で国分まで走ってくれるという事で交渉成立

運ちゃんと話をしながら(方言が多くて聞き取れない言葉多数…)
途中サービスで高速道路に入ってもらい予想以上の早さで国分到着~
c0101739_20253995.jpg
いや~やっとこという感じです。
この感動はすごい!生まれてはじめての感覚です
c0101739_20264343.jpg
子供の頃から時刻表で眺めていて行きたかった場所です。
駅前には国分という文字がてんこ盛で面白かったです。

国分駅周辺を散策しネットカフェで休憩
相変わらず雨は強いですが、国分から鹿児島空港は路線バスで行けます。
c0101739_20273948.jpg
すごい山道をのぼりきると、大きな空港が目の前に現れます。
c0101739_20283282.jpg
何とかたどり着けました~
出発ロビーで運行状況を確認すると、遅れはあるもの東京へは飛んでいる様子
搭乗手続きを行い、空港でお土産調達、夕飯などをいただき19時50分テイクオフ

帰りのフライトもかなり揺れて怖かったですが定刻通りは羽田空港到着~
23時過ぎに自宅に戻り電池切れでございました(笑)

今回は今までの旅行の中でも最高の強行軍
しかも、豪雨でのルート変更もありで印象深いものとなりました。
かなり疲れるのでお勧めはしませんが東京~鹿児島日帰り可能です

目的の国分駅も到達でき、9駅中4駅達成!!
まだまだ富山をはじめ香川、大分などの大物勢ぞろいなのでゆっくり計画ですね。

大変でしたが、貴重な体験ができた旅でございました~
by kokubu-takumi-5 | 2010-05-24 21:10 | 旅レポート | Comments(2)

信州小旅行2010 春 レポ

先日の小旅行のレポでございます。
お時間がありましたらご覧くださいませ~

今回の旅の目的はある駅の訪問
以前にもブログでも話題にしました全国の「国分」と付く駅への到達プログラム
その第一として長野の「信濃国分寺駅」訪問計画!

今回はフリー切符なしでひたすら普通乗車券で進みました。
まずは最寄り駅より始発の中央線で出発!

高尾駅より甲府を経て小淵沢駅に到着!

c0101739_21112283.jpgc0101739_2112639.jpg












画像は中央線普通の115系と小淵沢駅標
目的地はしなの鉄道ですが、今回は小海線走破も計画

c0101739_2114187.jpg












かなり久しぶりの小海線でしたが高原列車と言われるだけあります。
キハ58の頃を知っているのでキハ110のスムーズな運転にはビックリでしたが…

c0101739_21151392.jpgc0101739_21153061.jpg












無事に終点「小諸駅」に到着
ここから目的駅のある「しなの鉄道」に乗り換えです。
169系は内装変わらずローカル度満点
あっという間に「信濃国分寺駅」到達!

c0101739_21205580.jpg












上田市にあるのどかな駅
駅舎はとても立派でございました。

c0101739_21223818.jpgc0101739_21224922.jpg












降りたのは2人ほど…上り列車が来るまで駅周辺を散策
気持ちよい陽気でしたね

目的達成ということで早速帰路です(笑)
しなの鉄道で小諸駅に戻り、お食事タイム・・・
今回もホームにある信州そばを堪能、、、美味しかったです。

c0101739_21243233.jpg












計画では小海線で戻る予定でしたが、接続が悪いのでルート変更を検討
しなの鉄道の本数は比較的多いので、さらに軽井沢駅まで進むことにしました。
「軽井沢駅」到着

c0101739_2126129.jpg












リゾート地という風格ある駅舎、日曜日ということで観光客も多かったです。
皆さんマイカーや新幹線で来られている方がほとんどだと思いますが~

軽井沢からは信越線で高崎に出たいので、先ずは群馬県は横川駅へ・・・
軽井沢よりJRバスで碓氷峠を下ります。

c0101739_21272861.jpgc0101739_21281027.jpg












碓氷バイパスを大型バスはクネクネとダイナミックに走ります(笑)
すごい峠道です。しかも勾配もすごい。
EF63の力強さを身をもって感じましたね~
バスは定刻通り峠を下り「横川駅」に到着

c0101739_2129575.jpgc0101739_21302571.jpg












鉄道文化村にはたくさんの親子連れが来場して賑わっておりました。
そしてホームへ出てみると特別ボーナスが!
D51が停車中でした~ 臨時列車が出ていたのですね。。。思わず撮り鉄してしまいました。

c0101739_21313211.jpgc0101739_21314845.jpg












そんなこんなで高崎行き普通列車が入線
115系は安定感がありますね~

c0101739_21335934.jpgc0101739_21345015.jpg












定刻通り高崎駅に到着
ここから八高線に乗り換え高麗川を経由し八王子へ
八王子より中央線に乗り換え最寄り駅へ

とその前に、
国分関連駅探索シリーズですので「西国分寺」「国分寺」にも降り駅標をパチリ

c0101739_21354456.jpgc0101739_21355599.jpg












一日で国分寺シリーズ到達成できました(笑)

今回はトラブル無くスムーズな行程でございました。
普通乗車券の旅もなかなか味わいがあります。
中央線、小海線、しなの鉄道、碓氷峠JRバス、信越線、八高線
と色々な路線を堪能できましたね。

今回の面白エピソードとしては・・・
小諸駅の窓口で東京都内からの切符で乗越し精算をお願いしたら・・・

「え!! 東〇金〇駅???」
「え~~~と東京の〇小〇井駅からだと~、、、」
「小海線で来られたんですか!? ちょっと待ってくださいね~・・・・・」


という感じで困惑させてしまいましたが、無事に精算。
確かに、小さい四角切符で小諸まで普通列車で来る人はいないかも(笑)

国分関係駅探索シリーズは一日で3駅達成!!
しかし残りの6駅が手ごわいでございます。
千葉、富山、鹿児島、大分、香川、大阪と全国にあります(汗)
ゆっくり計画してみたいと思います。

何気に到達した時の達成感が病み付きになりますよ。
興味がありましたら皆様も自分に関連する駅を訪ねてみては…
by kokubu-takumi-5 | 2010-04-26 21:47 | 旅レポート | Comments(0)

土日きっぷで新幹線乗りまくりツアー2010レポート

土日で行ってきました、超強行軍小旅行のレポでございます。
お時間がありましたら、ご覧下さいませ~

今回も観光の要素皆無、新幹線に乗りまくる事を目的とした爆笑プランです。

2010年3月13日(土)
c0101739_2151628.jpg
東京発 6時8分
上越新幹線「とき301号」
c0101739_2174122.jpg
c0101739_21103781.jpg
新潟着 8時14分
新潟発 8時59分

上越新幹線「とき314号」
c0101739_21122022.jpg

東京着 10時39分
東京発 10時44分
長野新幹線「あさま517号」
c0101739_2115169.jpg
c0101739_2116664.jpg
長野着 12時32分
長野駅構内で「天たま信州そば」補給
c0101739_21164279.jpg
長野発 13時02分
長野新幹線「あさま526号」
c0101739_21181894.jpg
東京着 14時52分
東京発 15時8分
山形新幹線「つばさ121号」
c0101739_21192049.jpg
c0101739_21204780.jpg
赤湯着 17時38分
赤湯発 18時8分

山形新幹線「つばさ128号」
c0101739_21223235.jpg
車内で「どまん中弁当」補給
c0101739_21233739.jpg
東京着 20時56分
東京発 21時32分
東北新幹線「やまびこ223号」
c0101739_21242350.jpg
c0101739_21243431.jpg
仙台着 23時47分

仙台の某ネットカフェで始発の新幹線を待ちます(爆)
c0101739_21262242.jpg


2010年3月14日(日)
c0101739_21283436.jpg
仙台発 6時8分
東北新幹線「やまびこ202号」
c0101739_21295188.jpg
東京着 8時24分
東京発 8時32分
上越新幹線「MAXたにがわ79号」
c0101739_2136774.jpg
c0101739_21372832.jpg
ガーラ湯沢着 9時58分
ガーラ湯沢発 10時23分
上越新幹線「MAXたにがわ406号」
c0101739_21382468.jpg
車内で「釜めし」補給
c0101739_2139831.jpg
東京着 12時00分
東京発 12時08分
山形新幹線「つばさ115号」
c0101739_21394534.jpg
c0101739_21404839.jpg
新庄着 15時41分
新庄発 17時14分
山形新幹線「つばさ128号」
c0101739_21412819.jpg
途中、地震の影響で山形駅にて1時間40分停車(汗)
東京着 22時50分
帰  宅 23時45分


いや~すごい乗りまくりました。
「東京マニアかよ!」というくらい東京に戻っていますね。
これは必ず座れるように始発駅を起点とし計画したためです。

そして東京~大宮間は土日で12回も通過していることが判明(笑)
最後の山形での運転見合わせにはあせりましたが、その他は順調に進行。
疲れましたが、充実感があります(笑)

総移動距離 約3,000km
旅行費用 計19,500円
(土日きっぷ18,000円 ネットカフェ1,500円)
※正規の料金であれば110,000円以上かかります(汗)

限られたエリアと時間ですが詰め込めば色々回れることを感じました。
疲れるのでお勧めはしませんが(笑)
興味がありましたら、乗り放題も面白いですよ~
by kokubu-takumi-5 | 2010-03-15 21:46 | 旅レポート | Comments(2)


旅好きベーシスト国分巧


by kokubu-takumi-5

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31