ポップスセッションに参加してきました!

先日ポップスセッションに参加してきました。

最近は複雑なオリジナル曲中心に弾いていたのでポップスカバーは新鮮でした。
特にポップス系はシンプルなベースラインが多く、白玉であったりルート8分連打、スタッカートプレイ、休符を意識的にとらえたプレイなど、基本とボトムキープの大切さを再確認できます。

今回うかがったリハスタジオは写真の通り、何と壁にギターハンガーが備えつけられてるのです。
スタジオにある床置きのギタースタンドは結構、足や首がぐらついていて頼りないものが多いので、このようにしっかりと壁にビルトインされていると頼もしく使いやすい!
足元のセッティングも楽ちんです。

またベースアンプはCRATEというブランドのもの。
普段トレース・エリオット、SWRを好んで使用しているので個人的にはあまり馴染みのあるブランドではないですが、これが結構よい音でした!
特に中域のサスティン、抜けがよくブーストするとかなりドライブがかかり、WB&L時代のジャック・ブルースのサウンドを彷彿させるヘビーなサウンドが得られます。
今回はポップスなので勿論マイルドに抑えましたが・・・

新たな機材との出会いは刺激的でよいですね
by kokubu-takumi-5 | 2006-03-15 00:00 | ブログ記事 | Comments(0)


旅好きベーシスト国分巧


by kokubu-takumi-5

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30